大津留 梓
2013年入社 / ASBee KIDS 店長
私も知らなかった、
私の可能性を ジーフットが引き出してくれた。
私のモチベーションを、
引き出してくれた会社。
正直に言うと、就職活動当時の私は、あまりモチベーションの高い学生ではありませんでした。会社に入って、キャリアを重ねていくんだ!という意欲も薄く、参加した会社説明会は数えるほど。その中の一社が、ジーフットでした。
「靴も好きだし、接客も好きだし…」くらいの気持ちで参加したにもかかわらず、会社説明会が終わる頃には「この会社で働いてみたいな」と思うようになっていて、入社意志はあっという間に固まりましたね。

初めての配属先は、ニューステップ福岡店に決定。生まれ育った関西を離れることに、最初は不安でいっぱいでしたが、同期と一緒に励まし合い、お客さまとのコミュニケーションを楽しみながら、店舗運営の基礎を吸収していきました。
「この靴が好き!」という、
子どもたちの笑顔。
店長への昇格が決まったのは入社11ヶ月目のこと。告げられた瞬間は「私にはまだ早い!」と戸惑うばかりだったのですが、配属先である『ASBee KIDS』福岡店は、私がずっと希望していた子供靴の専門店。戸惑いよりも意欲のほうが大きくなり、新しい挑戦に着手したのです。

子どもたちの足は、小さくても豊かな個性があって、ぴったりの一足は異なるもの。その一足が見つかった時には、まだ言葉が出ないような小さい子も、とびきりの笑顔を見せてくれたり、その靴を脱ぎたがらなかったりと、全身で嬉しさを表現してくれるんです。たくさんのお客さまの笑顔と、スタッフたちのあたたかさが、私を支えてくれました。
いつの間にか、「店舗運営って面白いな」と心から思うようになっていました。
自分で立ち上げた店舗を、
自分で動かす楽しさ。
入社5年目に入ってすぐ、店長として、初めて新店の立ち上げに携わることになりました。関東エリアに軸足を移しての、新しい挑戦。以前は、未知の土地に移る時には不安のほうが大きかったのに、この時には断然、ワクワク感のほうが大きくなっていました。

売り場づくり、スタッフの採用など、すべてを自分の手で進めていく、店舗立ち上げというミッション。エリアマネジャーの手厚いサポートのもと、試行錯誤を重ねながら1からつくりあげていった店舗なだけに、これ以上ないほどの愛着を感じていて、今、毎日が楽しくて仕方ないんですよ。
最近ではリピーターのお客さまも徐々に増えてきました。より良い店舗をつくりあげていくために、スタッフみんなで力を合わせていきたいですね。
スケジュール
9:30
出勤。
前日の日報に目を通してから、 レジ開け、店内の掃除など、 お客さまをお迎えする準備を。
10:00
オープン。
今日は商品の入荷日なので、 接客の合間をみて、 商品の検品などを行う。
13:00
ランチ。
スタッフ専用の食堂で、 くつろぎのひととき。
14:00
12:00~16:00くらい までがピーク。
お子さんやお母さんとのコミュニケーションを楽しむ。
18:30
早番の日はここまで。
遅番のスタッフに申し送りをして、退勤。
※スケジュールは一例です。