野崎 彩
2016年入社 / 店長
心を込めた接客スタイルで、
店舗の『ファン』を増やしたい。
『健康』×『スポーツ』が、
就職活動のキーワード。
人と話すのが大好きで、就職活動当初は特に業界を絞らず、広く接客ワークを視野に企業研究を重ねていました。ですがなかなかピンとくる会社と巡り会えず、改めて自分を振り返り、最も興味のある『健康』と『スポーツ』というキーワードで活動を進めていくことに。そうして出会ったのがジーフットでした。

まず惹かれたのは「健康的で履きやすい魅力的な靴をリーズナブルに提供すること」という企業理念です。さらにインターンシップに参加し、社員の方々のあたたかなお人柄や風通しの良い社風に触れたことで、入社意志が固まりました。

入社後まずは、都内の大型店への配属が決定。接客からスタートし、徐々に売り場づくりをはじめとする店舗運営業務へと軸足を拡大していきました。
入社3年目に店長に昇格。
私ならではの店舗づくりに挑戦!
店長への昇格が決まったのは入社3年目のこと。正直に言うと私はとにかく接客が好きで、ポジションにはあまり興味がなかったのですが、自分自身のカラーで店舗運営のすべてを手掛けられるのは店長の特権。これまでの経験を活かして私ならではの店舗をつくりあげていこうと、新しいスタートを切りました。

現在は都内の、富裕層の方々が多いエリアの店舗運営を任されています。売り場づくり、商品発注、数値管理、帳票管理、アルバイト・パートスタッフの採用~育成まで、仕事領域は多岐にわたります。

特に力を注いでいるのはスタッフの育成。「こうしてほしい」と一方的に何かを言うのではなく、「こうしたいんだけど、どう思う?」とスタッフの意見も積極的に吸収しながら、一人ひとりが楽しんで働ける仕事環境づくりに取り組んでいます。
お客さまの足に、ぴったり合った一足を。
たとえ同じ『23cm』サイズのお客さまでも、足の幅や甲の高さはお一人おひとり違うもの。足型計測器を活用したり、インソールや紐の結び方などを調整しながら、ぴったりの一足を見つけるお手伝いをして差し上げるのが私たちの役割です。

以前「今まで一足も、ぴったり合う靴に巡り会えたことがない」とおっしゃるご年配のお客さまとお会いしたことがありました。その方にご満足いただける靴をご提案し、喜んでいただけた時の感動は今でも忘れられません。

店長となった今でも、何より大切にしているのは『接客』。お客さまお一人おひとりと誠実に向き合っていった先に、数字は必ずついてくる。そんなマインドで、多くのお客さまにファンになっていただけるような店舗をつくりあげていきたいですね。
スケジュール
13:00
今日は遅番なので午後出勤。早番からの引き継ぎ事項を確認し、売り場変更などを行う。
14:30
店舗が入っているイオンの担当者の方や他のテナントの方々とミーティング。
15:00
接客の合間を見て、売り場の手直しや帳票チェックなどを行う。
17:00
休憩。
20:00
翌日への引き継ぎ事項をまとめる。
21:00
お客さまの流れを見ながら閉店準備。フロアを掃除したり、鏡を拭いたり。
22:00
閉店。「今日もおつかれさま!」
※スケジュールは一例です。